Four Seasons, 2012

 そんじゃまそういうことで、いろいろあった2012年も終わり。
 一年を総括してみようと思ったけど、言葉だけでは語り足りないので、
 音楽の力をお借りしまして。

 春

 重き荷を負いて/中島みゆき

e0002817_11362983.jpg
  Daily Motion は埋め込み不可のためコチラから

 ざっくり言って、精神的・体力的にガタが来て春先に休職した訳なんですが。
 延々と答えの出ない仕事に疲れ果て、終わりの無い孤独な深残のあと、
 酒を飲みながらこの歌を聞いて、ものすごく救われた気分になったのは
 なぜなんだろう。みゆき姐さんは一介のシンガーソングライターでしかない
 はずなのに、まるで人生の辛酸を嘗めつくしたかのような心に刺さる詞を書く。
 音楽の力ってすごいな、と本当にそう思う。

 夏

 ノーザンクロス/starring May'n



 結局、7月いっぱいまで休息。
 いまとなっては何にも思い出せない隙間だらけの時間。
 ただひたすらにROで時間つぶししてたような気もする。
 ちょうどその頃、菅野よう子さん関連で調べていてマクロスFの楽曲群にぶち当たった。
 で、ででっでっででーん!
 まいったな。完璧すぎる。非の打ち所が無さ過ぎる。
 他の楽曲群も物凄く出来が良く、本当に菅野よう子とはいったい何者なんだ・・・と。
 そんな訳で、Dimension Diver 2 の裏でヘビーローテーションしてましたとさ。
 そしてちょっとだけ間抜けな旅をしただけで、あっという間に夏は終わる。

 秋

 花火/清浦夏実



 初夏の蛙の大合唱から蝉の鳴き声へと変わり、そして気づけば秋。
 復職してから肩慣らしで暇な仕事をこなして定時に帰る日々。
 なんだろうなぁ、いままで頑張りすぎたんだな、本当にそう思えた日々。
 人生、もっと気楽に行けばいいのよ。気づくのが10年遅かった。俺はバカだ。
 それにしても、季節はうつろいでも、何一つ変わらない日常。
 僕はいつまでこんな時間を過ごしていかなければいけないんだろう・・・

 冬

 Memories are here/観月あんみ



 結局、今年一番心に残ったのはタイから実習に来ていた女の子たちの笑顔。
 何が正しいのかも判らなくなるような複雑な世相にあって、彼女たちの純真な笑顔は
 本当に新鮮だった。何かを思い出させてくれた。僕たち日本人が失った何かを・・・。
 「破滅と再生」
 今年のテーマなのかもしれない。
 再生の糸口には、あの笑顔。
 想い出は、ここに。



[PR]
トラックバックURL : http://yuzuponz.exblog.jp/tb/19441482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yuzu_ponz | 2012-12-31 11:39 | チラシの裏 | Trackback | Comments(0)