帰省記3~鹿と犬

  三次 → 広島 → 宮島口 → 宮島

  朝遅めに三次を出てから広島へ向かい、そのまま宮島へ。
  宮島は知名度こそ高いものの、なかなか足が向かない、灯台下暗しスポット
  だなと思う。あと、よく考えると、18切符の説明にさんざん 「宮島航路も
  ご利用できます」 と書かれていたのに初めて利用することになるんだなあとも。

  宮島口駅を出て、10分程度でフェリー乗り場についた。
  暑くなければ5分で着くのだろうが。
e0002817_22173744.jpg

  フェリーで僅か20分弱だろうか。対岸の宮島に渡る。
  しかし、この暑さでは、もはや動きようが無い。
  じっと立っているだけでも汗がとめどなく流れてくる始末だ。

  人ごみを避けて、公園の海の近くへ向かった。
  海風がそよぐ松の木の下で、先客が涼んでいる。
  ・・・鹿かよ。
e0002817_22174614.jpg

  不意を衝かれたが、よく考えたら宮島は鹿の島だったようにも思える。
  近くで見る鹿は首が長くて毛がゴワゴワしていて、そして臭かった。

  そして、観光客が置いていったパンフレットをくいはじめる鹿。
e0002817_2217568.jpg
『ちょwwwうまwwwwwwwwwwww』

e0002817_22181261.jpg
『おまえにはやらんwwwww』

e0002817_22182087.jpg
『ちぇ・・・ちょっとタカってくるか・・・』


  とまぁ、なかなか面白い場所でした。
  宮島さん? ・・・知らんがな。こんな暑い中歩きよったら死ぬぞ。


  宮島口 → 岩国 → 徳山 → 小郡(新山口) → 下関

  その後、鈍行列車を乗り継ぎ、下関へ向かう。岩国-徳山間に岩徳線の乗り潰し
  を入れるあたりがマニアックだ。 ・・・が、大してめずらしい風景もなかったが。
  しかし運の悪いことに、今日は海峡花火大会があるらしい。
  そのためか下関に近づくと電車がどえらい混みようになってきたが、
  幸いにも終了時刻に重ならなかったため事なきを得た。
  とはいえ、今年はじめの放火によって焼失したという下関駅を検分しようとの
  目論みははかなく消えたのであったが・・・。

e0002817_22182952.jpg

  なんだよ、この人ごみは。そんなに化学反応が見たいのかよ。
  ごめん、チョット見てぇ・・・


  2006年盆、実家にて

  ま、そんなこんなで実家に帰り着いて、これを書いている。(自分の手帳だな)
  2泊3日とはいえ、天気もよろしくなかなかに濃い旅だったように思う。
  しかし、食べ物関係はからきしダメだね、この辺は。
e0002817_22183583.jpg

  実家では、まずは、死んだ犬が家族に残した穴の大きさを知る。
e0002817_22184291.jpg

  もう13年なのか、まだ13年だったのか。
  小型の雑種だったうちの犬も最後はガンで亡くなったらしい。
  断末魔の話を聞くに忍びなくも、家を出て面倒を押し付けた身だ。
  なんとか堪えて、最後まで聞かなければ。
  私の持ち帰った犬の写真を手に、母は涙目になっていた。

  「アレも幸せだったやろうね、みんなに囲まれて」

  私はぼうぜんと裏庭を眺めていた。
  死の間際、ヤツは私のことを思い出してくれただろうか?

  帰宅した翌日は祖父の一周忌の法要。
  その後は盆踊りの準備に奔走し、親戚一同の昔話に耳を傾ける・・・
  そして日も暮れ、近所の顔見知りのおじさんおばさんがぞくぞくと押しかけてきた。
e0002817_22185074.jpg

  盆踊り、という風習も、この世代でなくなってしまうような気がしていた。
  でも、ゆっくり私に近づいている影。
  小さい頃によく遊んでくれた友達、悪ガキ。
  もう15年は会っていないはずなのに、なぜここに?
  ・・・ああ、じいちゃんのお陰か・・・そうか、そうなんだ。
  ワイワイガヤガヤという喧騒のなか、そんな事を思ったのだった。

  そして。
  家の玄関に見慣れぬ犬の置物があった。
  別に飼い犬を模したものではなく、お墓を建てたおまけで貰ったのだそうだ。
  でも、このタイミングとは・・・これは慰霊塔だな、と思った。
  人と犬との幸せな記憶は保存されなければならない。
e0002817_2219576.jpg

  大理石で出来た犬が夏空を見上げた。

                             PENTAX *ist Ds / DA16-45 & DA21
[PR]
トラックバックURL : http://yuzuponz.exblog.jp/tb/4037848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シス at 2006-08-24 23:52 x
鹿テラカワイス(n'ω'n)
このつぶらな瞳がたまらんですね。

盆踊り・・・最近行ってないなぁ。
Commented by yuzu_ponz at 2006-08-27 00:43
鹿のめんたま、まるっこいな!
しかし、なぜ紙を食っていたかいまだに不明。
Commented by uyu77 at 2006-09-13 00:54
逆毛語のシカが最高です。
シカの世界にも2ちゃんねらーとかROプレイヤーがいるかもしれません。(たぶん鯖はウルド→人殺し隊)

化学反応はどこも人気ですね。
めっちゃしょぼいとこでも(100発もあがらんとこ)
人が集まってきます(;´Д`)
まあ、近隣の化学反応祭りのとき、私は仕事だったわけですが。
(時間つぶしに店はいってくんな、このーヽ(`Д´)ノ

せんせい、スイカが食いたいです。

法要の時の(?)の写真がいい味出してますな。
一軒の家にこれだけ集まるというのも、うちの住む地域では考えられないですから。
どの家も事情はいろいろあるにせよ、親戚が集まるというのは、やはりいいことやと思います。
by yuzu_ponz | 2006-08-23 22:38 | チラシの裏 | Trackback | Comments(3)