肥後・薩摩オンライン

   実家に (ry な人は、地元の友達と小倉で遊んだ挙句に、目と鼻の先にある実家を
   差し置いて、熊本行きの特急に乗ってしまいました・・・ (゚д。)ゞ?自分でもナゾ行動・・・
   しかもグリーン席です。もはや自制がきいていませんね。湯水です。やばいです。
   そして、特急の窓から夕焼けに誘われるように、西へ西へ・・・


   戸畑付近の車窓から
e0002817_23224049.jpg
   八代でホテルに泊まり、翌朝 「肥薩線」 に乗りました。肥薩線云うてピンと来る人の
   方が珍しいと思うけど、要は、八代と隼人を結ぶ路線です。ていうか、肥後と薩摩です。
   そして、球磨川沿いに走る路線な訳ですが・・・なんですか、この湖面は。
e0002817_232252100.jpg
   もうね、ダムかと。沼かと。急流はどこにいったのかと。これはもう、死んだ水じゃないかと。
   野田知佑さんの怒りもよく分かりますね。


   大畑駅にて。
e0002817_2323793.jpg
   「みなさま、右手の窓の外に見えるのは~~~」 なんていうアナウンスが流れるような
   行楽列車に乗ってしまい後悔。・・・なんやこの遠足列車状態は!!
   もっと、ゆっくり眺めたいんやがのう・・・しかし、夏やで!


   矢岳駅にて。
e0002817_23235053.jpg
   一般人がSLを撮りに行く間に、駅を抜け出し、農村風景を撮る自分。
   なんかこうかくもエキセントリックな自分、大丈夫かと。・・・しかし、夏やで!!


   矢岳駅を過ぎて「自称・日本一の車窓」
e0002817_23241737.jpg
   青空もしくは霧海ならば素晴らしい風景なんでしょうが、
   うす曇では、お世辞にも綺麗とは言えませんでした。・・・残念!


   嘉例川駅にて。
e0002817_23243513.jpg
   築100年を軽く越えるという歴史的な駅に寄り道。
   明治36年て・・・いったい、いつの話や?

e0002817_2325791.jpg
   ここまでレトロな駅は、幼少の頃にも見たことは無いんだが・・・
   それでも郷愁の念。やっぱり木枠の硝子戸というもはいいですね。

e0002817_23252354.jpg
   ああああ、夏なのに!夏なのに!!・・・無念!私の夏休みは実質ここで終わっ・・・

   ・・・まぁ、いっか c⌒っε゚。)っ

   今日は都城で一泊、明日帰宅。暫く音信不通になります。

   PENTAX *ist Ds / DA16-45mm/F4
   (嘉例川/前2点: CZJ MC FLEKTGON 35mm/F2.4)

[PR]
トラックバックURL : http://yuzuponz.exblog.jp/tb/525568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by リンゴさん at 2005-08-16 01:54 x
タイトルはオンラインじゃなくてオフラインじゃないのかと小1時間ry

電線のない青空っていいよね
Commented by yuzu_ponz at 2005-08-17 15:45
ふぉおおお オフラインか!
会社のPHS接続なんでナローオンライン@実家ていう感じでしょうか。
バカいぬと戯れています ('ー'))
それにしても、電線の無い青空・・・ですね、たしかにいいねぇ。
Commented by うゆ at 2005-08-22 13:12 x
今回もいいのが撮れとりますなあ。
夕焼けはもちろんですが、4枚目の田園風景の構図がカコイイすね。
あと、かれいがわ駅最高!! もえ。.。゚+.(゚∀゚*)。+.゚
ちなみにうちの玄関は引き戸で、木枠にガラスです。台風がくるたび震え上がります。玄関もわしたちも。
急流が急流でなくなったのはしょんぼりですのぅ。
人間は自分達に都合のいいように大地をいじりすぎだと、
たびたび思いますが・・・・・・それを引き換えにして得たものを、今更捨てることができなくなってしまっているのが、わしたち人間なわけです。
悲しいことですが。

電線のない空はいいとは思うんですが、
電線をあえて撮るくらいは電線が好きです。
その下には人々の生活があるので。(*'-')
Commented by yuzu_ponz at 2005-08-23 00:57
>>うゆっぺ
 毎度レビューありがとうさんヾ(・ω・)ノッ
>長崎のほう
 長崎といえばオランダ村!・・・けど何も覚えていない小学生、修学旅行の私。
>最後の一枚
 今後もごちそう写真を撮りつづける所存です。
 とりあえず、店員の目線には、めげない!(´□`)
>田園風景
 5分の停車時間で駅を脱走してよかった・・・
 夏休み頃の山村風景はみんなあんな感じですよ。
 涼しい風がそよぎ、水は流れ、森は歌い、、、やっべヾ(´¬`)ノよだれg
>木枠にガラスです。
 (*・ω・)b 保存しませう。木枠乃硝子戸萌へ。
>急流が急流でなくなったのはしょんぼりですのぅ。
 全ては旧建設省・林野庁の仕業ですが「工事」という金の成る利権に
 喰らいついたのは他でもない地元民な訳で・・・まぁ、川辺川訴訟あたりから
 変りつつありますけどね。 ・・・って、なにを真面目ぶって語っているのだ。
>電線
 ハンパな電線はだめでつ。
 もっさりある風景は面白いですね。

まぁ、夏が過ぎ、ひと段落ついたので、写真更新は減るかな。ぼちぼちと。
by yuzu_ponz | 2005-08-16 00:39 | チラシの裏 | Trackback | Comments(4)